貯金の方法として上手に賢くお金を貯める方法やコツ!

上手に賢くお金を貯める方法
貯金しようと思ってもなかなか難しいことも・・
少しづつ無理なく継続することが重要ですね!

スポンサーリンク




貯金の方法で無理なく継続出来るものがオススメ!


「お金を貯める」「貯金する」と言葉では簡単に言う事は出来ますが、いざ実践して取り組んでみると、なかなかお金を貯めることが出来ない・・という経験はあると思います。

もちろん、みなさんそれぞれの環境によって異なりますよ。

共働き・学生・一人暮らしの社会人・一人暮らしの大学生・主婦・あとは20代や30代など年齢状況などで貯金の目標とする金額面・貯金の考え方も変わります。

どの状況においても、1つお金を貯めるという事に関して重要なことは、「継続する」ということです。

もうちょっと付け加えると、短期間ではなく、「長期的に無理なく上手に賢く継続する」ということ。ここがイチバン貯金・お金を貯める方法として心かける事がポイントではないかと思います。

art-9-banar
まずはこの事を意識して取り組むことが重要だと思います。

 
上手で賢く出来る貯金の方法は!


先程もお知らせしましたが、自分自身の状況によっても変わりますので、参考程度にご覧ください。

もうずいぶん前の話ですが、ラジオを聞いていまして、この貯金の事がテーマで聞いていました。

年齢は分かりません(おそらく60代の方だと思います)が、毎日、100円ずつ郵便局か銀行かどちらか忘れましたが、散歩もかねて貯金をされているとのことでした。

それが毎日の日課になっておられるようで、散歩・ウォーキングの時に行かれているようです。

1日100円ですから、1年で365日。36500円ということですね。これを2年・3年・・・と継続していくと、すごい金額になりますよね。1日100円ですが、上手で賢くお金を貯める方法だと思いながら聞いていました。


この貯金の方法を参考に応用することも出来ますよね!


例えば上記の方でしたら、1日100円でしたが、この金額を自分の目標とする金額などから、まずは1日いくらと決めて行うわけです。

仮に1日300円でしたら、1が月約9000円、1年で約109500円、約11万円貯金が出来るわけです。銀行や郵便局へ毎日行くことが出来ない方も当然多いですから、それはご自宅に貯金箱など工夫して設置すればいいことだと思います。

郵便局や銀行でしたら、通帳に記録が残りますが、ご自宅に設置した貯金箱の場合は、記録が残りません。

何か、1か月単位でもいいですし、今日は貯金をしたということが分かるように工夫しておくのが最適だと思います。

ちなみに一時期500円玉貯金(500円貯金)ということもよく聞きましたね~

無理のない範囲で上手に賢く、長期的に行うことが貯金する方法で大切だと思いますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


 
貯金の方法で「節約」という考え方


先日の記事で、一人暮らしの食費に関して節約という面も踏まえて書きました

お金を貯める方法・貯金する方法にあたって、やはり「節約」という面からも見ていくことも、大切なことです。節約という意味で、無駄使いをなくす・控えるということですね。

お金を貯めるのに「節約」と考えると、あれを切り詰め、これも切り詰め・・とイメージする事が多いのではないでしょうか?


人間が生活するにあたっては、やはり費用がかかります


切り詰める事ばかりに考えが行ってしまうと、楽しみがなくなってしまい、逆に息が詰まってくるようになる傾向になるかと思うのです。

人、それぞれ考え方は違いますが、僕が考える「節約」というのは、やはり病気せずに健康で毎日を過ごすことがイチバンではないかと考えています。

生活するうえでの費用、例えば電気代や家賃・光熱費や食費、その他いろいろな毎月費用として出ていくものは基本的に決まっています。


ここで考えてみてください


病気など、カラダが調子が悪い・問題があれば医療機関・病院に行かなければいけません。歯医者・耳鼻咽喉科・眼科などもそうですよね。

病院で診てもらって料金をお支払いし、さらに薬が出ることが多いですから、その分の費用もかかるわけです。

もし、こうして問題がなく健康な状況で、病院などに行かなくてもいい状況ならば、どうでしょうか?こういった金額でも1年間単位で考えてみると、すごい金額だと思うのです。


僕も歯医者や眼科などにここ数年は言っていますが、そう思います


もちろん人間ですから、カラダの不調を感じることがありますし、問題が起きればすぐに病院へ行かなければいけないことも多々あります。

普段の生活の中での体調管理をしっかりとすることで、防げることもたくさんありますから、こういう意味合いで、節約するというのは、体調管理をしっかりとすること!と考えるのも1つ重要なポイントであると僕は思っています。


よく風邪をひいたりして病院へ行ったり、市販薬を薬局などで購入することが多い方。少し体調管理にも気をつけてみましょう!

 
お金を貯めるコツ・工夫として簡単なことは!


お金を貯めるチョットしたおすすめのコツというか工夫をお知らせしますね!

お金を入れるのに財布を持参しますよね。

お札では1000円札・2000円札(あまり見かけませんが・・)5000円札・10000円札とあるわけです。

何か金額の大きなものを買いに行くとかいうときは別ですが、個人的には財布の中に1000円札の枚数が多いと、何か使ってしまう気がするんですが、みなさんはそんなふうに感じる事ありませんか?


例えば財布の中に8000円程度入っているという状況の場合です


○1000円札が8枚の場合
○5000円札が1枚と1000円札が3枚の場合があるとします。

同じ財布の中身はお札の分の料金は同じですが、1000円札が8枚の方が、何か細々したものを買ってしまうような気がします。

逆に後者の5000円1枚、1000円3枚の場合だと、そうでもないのですが、財布から出すお金で無駄使いを無くすという事を考えるならば、後者の方がいいような気がします。(個人的なことですので参考にしてください)

ちょっとしたお金を貯めるおすすめのコツ、工夫になりますが、もしよかったら気にかけてみてくださいね。

 
お金を貯める方法・貯金の方法や仕方はそれぞれ!


実際に上手に無理なく長期的に継続できる貯金の仕方の方法や、節約の考え方、そしてチョットしたおすすめのコツなどを取り上げてきました。

これ以外にでも、もう既にみなさんの中でうまく貯金、お金を貯めるコツを知っている方も多いと思います。

少しでも貯金をするにあたり、参考になればうれしく思います!

☆関連記事:一人暮らしの方はチェック!食費の節約で無理なく出来る事

☆関連記事:家電を安く買うコツや方法は!

スポンサーリンク