突っ張り棒を利用で落ちる心配なし!間仕切りネット

床と天井を突っ張り棒で固定!
間にネットが入る間仕切り、パーテーションをご利用の方いますよね~
空間スペースも活用できる間仕切りネットのご紹介!

スポンサーリンク




間仕切りネット利用でイメージチェンジ・模様替えも出来ますよ~


室内空間をうまく使うために、ホームセンターの収納コーナーやインテリア売り場では、便利で簡単に作成できる間仕切り・パーテーションが販売されています。

実際に私が使っている室内空間は、床と天井が約2m40cmあります。

この伸縮性の間仕切りは2m以上ある空間でもしっかりと固定できるので、落ちるという心配もなく、強度もしっかりとしています。


伸縮性の間仕切り、室内空間の有効活用に!




dsc_0295
室内空間のスペースは、やはりうまく使いこなせば、それだけスッキリとした感じになります。

部屋の見た目や印象も変わってきますよね。

室内空間に有効活用して使える間仕切りだと思います。


間仕切りもネット付きでさらに利用価値も優れています


私が購入したものはネットも3枚ついていました。

突っ張り棒とネット3枚、さらに付属のネットにかけるフックなどが何個かついて(3個くらいだったと思います)、3000円弱で変えました。

このネットだけでも、そこそこお値段しますから、既製品のセットで購入できたのでお得ですね!

ネットの大きさ的は、40cm×70cmの大きさで、横長としても使えますし、また縦長としても使えるわけです。

ただ、横長の場合は、3枚ともすべて使えますが、縦長としてネットを使う場合は、サイズの関係で2枚になるわけです。

このネットのついている間仕切り・パーテーションの場合は、横長としてネットをはめ込んで作成した方が、利用価値はいいように思いますので、参考にしてください。

私の場合は、このネットのついた間仕切り・パーテーションをお店で使っており、画像のような感じです。

間仕切り・パーテーションという意味合いより、インテリアの関連でこの商品を使っている感じです。

いろんな使い道があるかと思いますが、特に狭い空間でごちゃごちゃしている部分などに、ちょっと設置してみたら、整理整頓も出来ますし、室内の空間も変わったイメージになるのではないかと思います。

スポンサーリンク




間仕切りネットの取り付けにあたっての注意点などは!


間仕切りネットを設置できる範囲はある程度限られています。

かなり上や下の方には取り付けできません。

実際に組み立ててはめ込んでくださるとわかると思います。

私の場合、下のスペースには、以前記事で書いた2リットルのペットボトルの空箱を、100均で購入したテーブルクロスを巻いて、土台とし、モノを置くスペースにしています。

あまり下の方がガラガラだと寂しかったので、こうしてみただけです。

ぜひみなさんもスペースの有効活用としてネットのついた間仕切り・パーテーション利用してみてはいかがでしょうか?

組み立て設置後は必ず、しっかりと強度があるか、不安定・ぐらつかないか等をきっちりとご確認してくださいね。

関連記事:100均のテーブルクロスと空箱を使った見た目もキレイな収納棚

関連記事:模様替えのコツとして配置をシミュレーション!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする