字を綺麗に書く方法とコツは!漢字とひらがなの大きさバランスも大事!

字が綺麗だったらなぁ~
そんなふうに思ったことありませんか?
字を丁寧に書くことがまず重要ですが、少しの工夫で字の見た目も変わってきますよ!

スポンサーリンク




字を綺麗に書く方法やコツとして工夫が大切!


字を書くにも横書きスタイルと縦書きスタイルがありますよね。

一般的に横書きスタイルで書くことが多いかと思いますので、その部分について字を綺麗に書くコツや方法をご紹介したいと思います。

シャーペンやボールペンを使って字を書くときの内容になります。

まずは今の現状の自分自身の字の感じを想像・イメージしてみてください。

文字を書くうえで誰でもやはり癖などはあるかと思います。

大人であれば、もう何年もその字体で書いてきていますから、それを変えようとしてもなかなか難しいことだと思います。

文字の練習などをどこかで習いに行って練習などすれば、また別の話ですが・・・

基本的には今の字体で少し工夫をして字が綺麗に書く方法・コツをお知らせしていこうと思います。


字を綺麗に書く方法・コツとしての1つ目


まずは丁寧に書く

「丁寧さ」これが何よりも重要なことですよ!

人から見て字が綺麗かどうかは、それぞれ感覚が異なりますよね。

字が汚くて気にしている方は、まずは現状の書く文字に丁寧さを意識して書くようにしてみてください。

これだけでも、少し文字の感じや見た目は変ってくるわけですね!

止める部分はしっかり止める。はねる部分はしっかりと跳ねる。など基本的な部分になります。


字を綺麗に書く方法・コツとしての2つ目


横書きの時には漢字の大きさとひらがなの大きさを意識してバランスよく!

漢字は大きめに書いて、ひらがなを書くときは漢字よりも少し小さめに書くようにしてみてください!

この字を綺麗に書く方法としての工夫・コツはすごく重要ですし、最初の丁寧さに合わせて、この漢字とひらがなのバランスを意識して書いてみるとさらに変わってくるかと思います。

1度試しに、どんな文章でもいいので、横書きで2~3行ほど、この2点を意識して書いてみるとよ~く分かるかと思います。

今まで何も考えなくて書いた文章と、少しこの2点を意識して書いた文章だったら、自分以外の方に見せても、おそらく感じ方や字の印象は異なると思いますよ~


字を綺麗に書く方法・コツとして3点目


文章の始まりの文字は漢字でスタートした方がバランスよく見た感じも綺麗!

これは実際に文章を書いてみると分かります。


上記の字を綺麗に書く方法・コツ2点目とつながりますが、文字の始まりスタートが漢字の方がバランスよく、きれいに見えるような感じがあります。

もちろん、文章のスタートが、ひらがなになることもあるかと思いますが、この3点目も意識してみてください。

僕自身もひらがなでスタートするときは、どうも書きづらいというか、文字の大きさが漢字でスタートするときと比較してバランスがとりにくい感覚があります。


字を綺麗に書く方法・コツとして4点目


これは特に漢字になると思いますが、書き順は正しく書いた方が字が綺麗に見えます

平仮名もそうですが・・

子供の時に字の練習で書き順を何回もしましたね。やはり正しい書き順で書くことが大切だと思います。

以上になりますが、字を書くときに綺麗に見えるコツや方法を4点ご紹介してみました。

比較的長い文字を書くとき、例えばハガキや便箋を使って手紙を書くときなど、また学生さんであれば宿題や勉強などでノートやルーズリーフに文章を書く際は、この4点を意識してみてくださいね~

急に字が上手くなって上達はしませんが、上記の内容を心かけてみるだけで、字が今までよりも綺麗に見えますし、また自分以外の他の方から見た文字の印象も変わりますよ~

スポンサーリンク


 
字が綺麗に見えるコツとして補足です!


職場では字を書く際にはみなさんボールペンを使う事が多いのではないかと思います。

ボールペンも基本黒色を使う事が多いかと思います。

僕自身も黒も使いますが、文字を書く際に黒色でなくてもいい場合は、青のボールペンを使う事にしています。

何か青文字の方が黒よりも綺麗に文字が見えるような感覚があるので、黒でなくてもいい場合は、青のボールペンを使用しています。

みなさんも個人的な感覚なのかもしれませんが、試してみてくださいね!

 
文字を書く際は鉛筆・シャーペンどちらが書きやすい?


小学校の時は鉛筆を使っていましたが、中学からはシャーペンを使うようになりましたね。

DSC_0354
僕としては、シャーペンの方が同じ文字を書くにしても鉛筆より書いた文字が綺麗に見えるなぁ~っと思います。

基本僕はノートやルーズリーフに字を書くことが好きでしたし、比較的、文字はうまいねぇ~と言われていました。ちなみに習字教室などには通っていませんでした。

中学の時はシャーペンで書いた文字でも、大人の字やなぁ~っと言われたこともありました。

字を書くことが好きでしたし、使うシャーペンも書きやすい・今ひとつ馴染めず書きにくいなど、こだわりがありました。

よく中学の時や高校の時に、シャーペン貸してもらって、「これ書きやすいシャーペンやなぁ~」とかって会話の中で聞きませんでしたか?

文字を綺麗に書く方法やコツは先程お知らせしましたが、使うシャーペンやボールペンも手の馴染む感覚などから、関係があるのではないかとも思います。

みなさんも文字を綺麗に書くにあたって、自分が書きやすいシャーペンやボールペンをぜひ見つけてみてくださいね!

 
最後にまとめます!


字を綺麗に見せる方法やコツとしてポイントを4点あげてみました。

ポイント4点まとめ

〇丁寧に書く
〇漢字はひらがなよりも少し大きめに書く。
〇文字のスタートは漢字の方がバランスがとりやすい
〇正しい書き順で!

字を書くのが苦手、字が上手でないと感じる方は、ちょっとだけ意識してみてくださいね!

また補足としては、

〇青文字は綺麗に見える(個人的な感覚ですが)
〇シャーペンやボールペンも手に馴染みやすい感覚のある物の方が書きやすい!

ということをお知らせしました。

字が綺麗に見えるコツとして、やはり文字が上手いなぁ~っと感じる方は、そのポイントをしっかりとおさえておられます。

ぜひみなさんも、こうしたちょっとの工夫になりますが、字が綺麗に見えるコツ・方法として参考にしていただければと思います。

今回は、横書きスタイルでシャーペンやボールペンを使って、字を綺麗に書く方法やコツ、自分以外の人から見て、字が綺麗に見えるポイントなどをお知らせしました。

☆文字は見た感じ、やはり綺麗に見える方がいいですもんね~

関連記事:小学校の時に男子に人気あった懐かしい多機能筆箱(飛び出す筆箱)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする