足湯効果で冷え性改善!自宅で簡単!お湯不要でおすすめ!

足湯と言ったらお湯を使うイメージですね!
しかし、お湯いらずの足湯もあるんですよ~
自宅でも簡単にお湯いらない足湯をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク




足湯といってもいろんな種類がありますよね。


今回ご紹介の足湯は、『へえ~こんなんあるの知らんかった~』と思われる方が多いかと思います。

よく温泉地や行楽地などにある足湯であったり、電気屋さんに売っているご自宅で手軽に出来る足湯などがあります。

今回は、僕が仕事場で以前メニューとして取り入れていました足湯、お湯を使わない足湯の内容です。

足湯といったらお湯を使うというイメージがありますよね!



pannhuretto2


画像でも表示しましたようにイメージの足湯・足温浴になります。

 
お湯を使わない足湯・足温浴の良い面は!


お湯いらずの足湯(血行美人という商品名)のいいところは、座った状態で靴下を履いたまま、そのまま足を黒いボールの中に入れるだけですので手軽で簡単なわけです。

しかも濡れないので足を拭いたりする手間もかからずに効果的です。

 
自宅におすすめ!お湯いらずの足湯(血行美人の仕組みは)


どういった仕組みになっているのかといいますと、座っている木製の椅子の中に布団乾燥機が入っています。

(布団乾燥機を置いて、その上から木製の椅子を被せる状態です。)

ここから電源を入れて、もう1つの木製の箱の中に入っている黒いセラミックボールというものに熱を加えて温めていくわけです。

最初電源を入れてからしばらくは保温のために時間はかかります。(30分か1時間くらいだと思います)

その後、温まってきましたら黒いセラミックボールを簡単にかきまぜると温度も均等になりやすいと思います。

スポンサーリンク


お湯いらずの足湯(血行美人)を使ってみての感想は!


実際に靴下を履いた状態で冷えた足を入れてみたら、保温性があり、気持ちよく寝てしまいそうになります。

だいたい20分くらいでいいと思いますが、座った状態ですので、この間は本を読んでくださってもスマートフォンを使っていても、何でもすることは可能です。

その後、ある程度時間が経過しましたら、足をこのボールから出します。

個人差もありますし、冷え性でお悩みがつらい方でしたら、より実感すると思います。

しばらくの間、ポッカポカで足先がとっても軽くなったように感じて、心地よい感覚もあり、歩くと非常にこの足先の軽くなった感じが実感します

それほど冷え性でない僕も、実際に20分や30分試してみて、このお湯を使わない足温浴・足湯の効果を実感しました。

このお湯のいらない足温浴・足湯の名前は、血行美人といいます。

ネーミングがまた女性にとって人気がある名前っぽく感じます!






この足湯の大きさも私の画像で掲載しているのは1人分です。(向かい合っているので2人いけます)

これよりももっと、横に極端に細長いサイズの足湯で、何人も横に並んで入ることの出来るサイズもあるようなのです。

今現在、私のお店ではお店の配置などを変更し、この足湯のスペース分が確保出来なくなったので、メニューとしては取り扱いしなくなりましたが、ご自宅でも手軽に簡単に足湯が出来ます。


足湯は冷え性体質の方にはおすすめ!


濡れずに手間がかからず、いつでも電源入れれば少し待つだけで十分、足湯の効果期待できるものですので、冷え性体質の方にとってはおすすめだと思います。

ぜひリラックス効果もありますし、冷え性改善としてお湯のいらない足湯、おすすめだと思います。

自宅でも長いこと毎年使えますしね!

必ず靴下を履いてくださいね。そのまま入るのはダメですよ~

冷え性でお悩みの方は電子レンジで温めOKのホットパックもおすすめですよ!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする