デートの会話が続かない!ネタと気遣いで沈黙から抜け出す方法!

デートの会話・ネタで何を話そうかなぁ~ デートで会話が続かない沈黙の心配をしているあなたに参考にしてほしいです!

スポンサーリンク




デートで会話が続かないあなたへ!


デートというと、やはり緊張が誰にでもあるかと思います。特に初デートであれば、なおさらですね。会話で何をしゃべろうかな~っと、数日前からいろいろと考えますよね!

デートをお互いに

「楽しく」
「いい時間を過ごせた~」
「また一緒に二人でいる時間を過ごしたいな~」

っと思ってもらえるようにするためには、やはり「会話」「コミュニケーション」が何よりも重要かと思います。

 
デート中の会話でお互いの呼び方


デートは2人だけの楽しい時間・貴重な時間なわけです。
デートも付き合う前・回数・また彼氏彼女の関係によってお互いの呼び方も多少異なるかもしれません。

ポイントは、しっかりとデートでの会話の時は名前を呼んで話をしましょう!
普段呼んでいるニックネームやあだ名での呼び方でもいいと思います。

また、苗字にプラスして「さん」と呼ぶと、ちょっと距離感などを感じますね!

女性の場合でしたら、デート相手の男性に、普段呼んでいるニックネームやあだ名でもいいと思います。

下の名前(省略して)くん」でも、2人の状況にもよりますが、比較的呼びやすいのではないでしょうか?例えば、「ひろのり」だったら「ひろくん」という感じですね!

男性の場合でしたら、デート相手の女性に、普段呼んでいる呼んでいるニックネームやあだ名でもいいです。

また「下の名前(省略して)ちゃん」でも状況によりますが、距離感はぐっと近づくと思います!
例えば「さきえ」だったら「さっちゃん」・「さきちゃん」など。

デートの回数や親密さによっては、すでに下の名前で呼んでいる場合もあると思います。


気をつけないといけないことは・・・


この時に、ずっと昔から家族にも友達にも「さっちゃん」と呼ばれていた状況で「さきちゃん」と呼ぶことになると、ちょっと違和感が出ると思います。

そういったことを防ぐためにも「昔から何て呼ばれてたん?」って聞いてもいいと思いますよ~

(ちなみに「ちゃん付け」・呼び捨ては知り合ってすぐの女性に、こうした呼び方をすると、人にもよりますが、あまりいいようには思われないこともあると思いますのでご注意くださいね。)

人間は自分の名前を呼ばれるとすごくうれしく感じます。これはみなさん中学生や高校生、またその他人間全員そう感じると思います。

男性女性

次の2つの内容だと、あなた(男性の立場)ならどちらがうれしいですか?


「○○のお店に立ち寄ってみたいけど時間いけるかなぁ~」
「ひろくん、○○のお店に立ち寄ってみたいけど時間いけるかなぁ~」

後者の方が男性はうれしいですよね!


女性の立場だとしたら、次の2つの内どっちがうれしく感じます?


「喉乾いたから何かジュースかお茶でも買いに行こう~」
「さきちゃん、喉乾いたから何かジュースかお茶でも買いに行こう~」

後者の方が女性はうれしいですよね!

初デートでの会話する際に、ちょっと意識しながら、名前(ニックネームやあだ名など)を呼んで話してみましょう~

デートで会話を楽しむため・成功するための名前の呼び方、参考にしてくださればと思います。

 
デートの会話・待ち合わせ場所で2人があったとき!


さて、名前の呼び方をお伝えしましたが、次は待ち合わせ場所で合ったときの会話です

デートですので、服装や髪型などにも気を使っておしゃれして来ますよね!特に女性は時間をかけてどんな格好や服装でデートに行こうかっと頭でいっぱいだと思います。

デートの待ち合わせ場所でお互いが合ったら、まずはどうするか。服装や格好などのスタイル、髪型などについて「似合っている!」という意味合いの言葉をかけてあげること。

相手はすごくうれしい気持ちになると思いますよ~ 中学生や高校生は制服姿しか基本いつも顔を合わすときに見ないですよね。

デートの時の私服姿にすごく新鮮さを感じるわけです。女性の場合は特に、デートでどの服装にしようか?どんな格好で行こうかとすごく時間をかけて決めるわけですね。

その私服姿をデートする好きな人から褒められたら、すごくうれしいと思います~

このあたりもデートをするにあたって、意識しておくといいと思いますよ!

スポンサーリンク




デートの会話はどんな内容・話題・ネタがよいか?


初デートの場合でしたら、相手の興味や趣味、また好きなことなどを分かれば理想かと思います。それに合わせて、自分と共通している内容があれば、会話としては、楽しく盛り上がり、弾む感じがすると思いませんか!

例えば、自分が野球がすごく好きだとします。でも彼女はそれほど野球(スポーツ)には関心・興味がないとします。

いくら自分が好きだからといって、その話題ばかり話したり、彼女にどこのファン・どの選手が好きか?などと質問して、答えを求めようとしたら・・・

一方通行になってしまうわけです。その結果、だんだんと、デートが面白くない・つまらないなぁ~・・・っとなってしまうわけです。

これでは会話の内容・話題としても続かない状態で、沈黙というケースにもなります。

逆に野球が2人ともすごく好きな状況だったら、お互いに共通した内容ですから、会話をしていても、続きますし、時間を忘れるくらい話も深くなり、楽しい時間を過ごせて満足がありますね!

野球を例に出しましたが、やはりまずデートの会話や話題・ネタとして重要なこと。

相手の好きなことや関心の高いこと、最近の趣味などをある程度知っておくことで、デートの会話の事前準備として出来るのではないかと思います。

高校生や中学生の場合は、同じ学校やクラスなどで時間を過ごしていますから、ある程度は予測が出来ると思います。

 
デートでの会話で話しかけるときに注意すること!


特に初めてのデートの時は、慣れがないので、緊張によって自分ばかりしゃべってしまったり、逆になかなか話しかけれずに沈黙の時間が・・ということもあります。

syosinsya-mark
男性の立場から書きます


自分ばかりがしゃべる状況になり、相手(女性)の話を聞いていない・・・というのは状況的にとってもよくないです。

会話は、その時の場面や状況などでも変わってきます。女性の話をしっかりと聞いてあげる。

そのうえで、自分自身もそれにうまく調和しながら、会話のやりとり・コミュニケーションをする。その中で、お互いに「楽しさ」「彼女の良さ・内面的なもの」など分かってくるかと思います。

デート中は予想外の事などもいろいろとあるかと思います。

こうした場合にでも、まずは女性の事を気にかけてあげながら、会話面なども含めてうまくリードしてあげれると、女性からも喜ばれると思いますよ!

 
デートでの会話がスムーズに行けるように!


初デートの場面に限らず、会話やコミュニケーションとして、相手に話しかけるとき、ちょっと知っておくといいことがあります。以下の2パターンの場面を例として見てみましょう~
デート中、質問に対してのコレという答えを求めるときの会話


ちょっとうまく伝えれてないと思うので、例を出してご説明しますね。

(デート中の昼ごはんの会話で)  「ハンバーグとオムライスどっちがいい?」
(デート中の洋服屋さんでの会話で)「ワンピース、右と左やったらどっちが似合ってる?」

という場面での会話があったとします。

上の場合は、基本的に、ハンバーグかオムライスという答えになりますよね!
下の場合は、基本的に、右の方とか○○色の方という答えになるかと思います。

会話的には単発で終わるようなイメージで、その後の会話がつながりにくいイメージがあると思います。(個人差ありますが)


デート中、会話的に弾む・繋がりやすい聞き方は


(デート中の昼ごはんの会話で)  「お腹すいたけど、どんなお店にしようか?」
(デート中の洋服屋さんの会話で) 「このワンピース欲しいな~っと思うけど、他のと比べてどう思う?」

などのような聞き方・質問の振り方です。
こっちの方が、1つの回答で終わることなく会話として続く感じがしませんか?

同じような会話・質問のようですが、2人が会話の中でやりとりをするにあたり、コミュニケーションが取れやすいのではないかと思います。

ちょっとしたことですよね。やはりデートという緊張の中で、会話が続くのか不安、沈黙が心配という方々が多いと思います。

何をしゃべるかは当日、その場面でも、頭に思い浮かべていたこととは異なる事も多いです。

1つ1つの会話の中で単調になりすぎずに、このようなことをデートでの会話では、少し心かけておくと、少し自分の気持ちの中で余裕が出来るかと思いますよ。

こうした余裕・気持ちのゆとりも初デートの中では、とっても重要ですよ!緊張はもちろん少なからずあります。

初デートの方は、特に会話するにあたってあると思いますが・・・あまりガチガチにならず、大きな気持ちで、デートでの会話を楽しんでもらえればと思います。

お互いがデートで、いろいろと楽しく会話することで、また今度も!とつながることが出来れば、嬉しい気持ちになりますよね!

ぜひデートでの会話、どうするか悩んでいる方や、何を話したらいいかと考えている方、沈黙などの心配をしている方は、参考にしてくださるとうれしいです!

あっ、ちなみに大阪の方で地下鉄でいろいろとどこかでデートを!考えておられる方は、エンジョイエコカード(1日乗車券)購入すると、お得ですよ~

詳しくは検索してみてくださいね!

スポンサーリンク